en-courageイベント『UT Career Confarence』

エンカレッジでは日本の最高学府、東京大学の学生を85名集めたイベント。

今回は、外資・官僚・研究・大手・ベンチャー・起業などあらゆるジャンルから、それぞれを代表する企業・有職者の方をお招きし、東大生のロールモデルを探すイベントを企画しました。

記事末にen-courageイベントの年間スケジュール資料があります。ぜひダウンロードしていただき、採用活動にご活用ください。

参加企業・登壇者紹介

今回参加いただいた企業は以下の通りです。(企業プレゼン発表順)
楽天、三井住友銀行,DeNA,Leverages,コロプラ,日清食品

また、経済産業省を経て2つの会社を起業した経験を持つ栫井誠一郎氏、
外資コンサル現在は東京大学の特任教授を務める、半田順一氏にもキャリア講演が行なわれました。

=======

イベントコンテンツ

UTは3つのコンテンツに分かれています。

1つ目が豪華社会人によるキャリア講演です。企業様からは会社情報というよりも、登壇者がどんな人生を歩んで来たか、またキャリアについてどのような選び方をすればよいのかという観点から10分ずつプレゼンが行われました。

2つ目のコンテンツは自己分析個人ワークです。プレゼンテーションを聞いて、それを元に学生が自己分析をおこないます。
その後1グループに企業の方が1人つき、3分間で個人ワークの学びを発表する時間が取られました。

最後に社員の方と就活生による座談会を実施しました。
インターンシップの選考から、事業内容まで幅広く質問が飛んでいました。

参加学生の声

・周りの学生や、実際に働いている社会人の方々とお話しして、自分の視野の狭さを思い知らされた。周りにある様々な事柄に興味をもち、深めていくことで、自分の視野を広げていきたいと思う。(男性・経済学部)

・自分の目標とすること、やりたいことを見つめる必要性があるな、と改めて感じました(女性・経済学部)

・一流企業で働く社会人の方から、企業のポジショントークと関係なく、就活時何を考えていたかを知ることができた。(女性・文学部)

・自分の人生をどう設計すべきか考えようと思った。(男性・法学部)

・今まで知らなかった企業についての理解が出来た。就職活動の軸やキャリア形成の考え方の一部を知れた。(男性・理学部)

心に残ったフレーズと自分の過去をつなげる作業を始めてしっかりできた。(男性・工学部)

参加者データ

次回のイベントレポート

イベントレポート、『UT』はいかがでしたでしょうか。

次回はHRフェスについてご紹介します。HRフェスは人材業界を代表する会社が集まり、人材業界について知り尽くすことができるイベントになります。

最新イベント情報『Summer Circuit』

Summer Circuit
●こんな企業様におすすめ
・全国で優優秀層を多く含む母集団形成がしたい。
・見極めがしたい/優秀な学生を早期に獲得したい

●コンテンツ
企業PR&GD&座談会

●特徴
100名以上の20卒学生へ一度にPRが可能です。

●日程
6/2(土),6/16(土),6/24(日)@東京
6/9(土)@北海道
6/16(土)@大阪
6/17(日)@京都
6/23(土)@名古屋
6/24(日)@九州

 

出展をお考えの企業様は下記よりお問い合わせください。